資格不要のお仕事

どんな職業

「歯科助手」とは、歯科医院などで雑務を行う人の事です。 資格は特に必要としません。 歯科に行ったとき、先生ではない人が時々口腔内を診てくれますが、それは「歯科衛生士」といって国家資格を持つ人です。 歯科助手は資格がないので患者には触りません。 主な業務内容は、受付、機械の清掃・準備、石膏の準備、患者の介添えなどです。 歯科医院は、静かで室内仕事、ゆったりと落ち着いた環境で力仕事もあまり必要としないので人気の求人だと言えます。 しかしその反面、受付業務は時間通りに進まないことも多々あり患者さんがイライラ…なんて事や、女性が多い職場なのでピリピリ…なんて気苦労はあるかもしれませんね。 医療系の求人で重要視されるのは、ある程度の教養と清潔感と対人スキルでしょうね。

これからの歯科

高齢化社会の現代において歯科分野では「8020運動」が唱えられていますが、これは「80歳で20本の自分の歯を持っていよう」という事です。 歯が無くなると、食べられなくなり体力低下や免疫力の低下につながり、果ては死につながっていると言う事です。 最近では、歯科医院で診療するだけでなく「訪問歯科」をする先生も多いです。 歯科に通院できない患者さん宅へ行ったり、老人ホームに行ったりします。口腔ケアや入れ歯の調節など、仕事はたくさんあります。 もちろん、先生だけでは持ちきれない量の器具や機械ですので、歯科助手さんもお供します。そういう「訪問歯科」を専門に行っている医院もあります。 そして、この診療は今後増えていく可能性が高いです。 歯科助手もフットワーク軽く、あちこち走っていく時代が来るように思います。 資格は持たないですが、求人時比較的安価で雇える人材として必要とされてくるんではないでしょうか。 求人を見つけたらチャンスかもしれません。何の資格も持たないけれど「歯科助手の経験」があれば、雇用の可能性はぐっと上がります。 これからの日本に必要な人材になりましょう。

就職活動での対策

転職活動の際には様々な事を積極的に利用しなければなりません。例えば、歯科医師の方が転職活動を行なう際には、歯科医師の求人情報を集めたり面接対策をしたりしなければなりません。

Read More...

開いた時間で転職活動

歯科医師は毎日忙しく診察を行なわなければならないので、転職活動をする時間がなかなか作れません。そのような場合には転職支援サイトをスマートフォンなどで確認すると、ちょっと空いた時間でも有効に活用する事が出来ます。

Read More...

転職支援を受ける

専門知識を持っている人にサポートしてもらうことで、転職に成功しやすくなるでしょう。また、自分が持っているスキルを最大限に活用し、内定を貰えるように頑張ってみましょう。

Read More...